自己紹介

経歴:
暴走族下っ端
→ICU入学
→NGO@パレスチナ
→研究所@ルーマニア
→映画製作@バングラデシュ娼婦街
→総合商社
→起業

・高校中退、不登校を経験した若者たちを対象とした受験塾
・高等教育機関の中退予防(個別の生徒ケアや研修)
・引きこもり等を経験した若者を対象とした就労支援(新宿区の委託)

などの事業を行っています。

-2002 田舎の暴走族下っ端
2002-2004 大学受験に向けて猛勉強

2004-2008 国際基督教大学(ICU)
(大学ほとんど行かずに、海外で活動・・・)
2004-2005 NGO@パレスチナ
2006 研究所@ルーマニア
2007-2009 映画製作@バングラデシュ娼婦街
2009 総合商社@日本
2011 起業

色々思うところがあって、遠回りしながら生きてきました。
12歳で家を出てからは色々と社会を見てきたつもりです。
高校時代は生きる希望が全く見えず毎晩街を彷徨ってましたが、18歳の時一念発起して大学進学を目指し20歳の時に何とか母校の大学に拾われました。

-2002年
・大学進学率が二桁ない底辺高校に所属。朝寝て昼過ぎに起きるという三年間。恥ずかしながら、ガン黒で金髪、ドカンに長ランだった。でも人生唯一のモテ期。

2002年
・アフガン空爆・イラク戦争を機に、大学受験を本気で決意。

2004年
・代ゼミ留年の末、やっと大学合格。
・ICUというマニアックな大学を選んだせいか、合コンではもてず。
(詳しくは母校ICUのメルマガに) http://subsite.icu.ac.jp/prc/mail_magazine/contents/081030/yashuda/yasuda_01.html

2005年
・イスラエル人・パレスチナ人の信頼醸成に向けた学生NGOの代表を務める。特に8月にイスラエル人とパレスチナ人を12名を招致して一ヶ月にわたる会議を行った。
「日本・イスラエル・パレスチナ学生会議」http://www.jipsc.org/
(共催;JICA、長岡市、長野市、武蔵野市他、後援;外務省他、協賛;富士ゼロックス株式会社、三国コカコーラボトリング株式会社他)

朝日新聞「私の視点」での原稿掲載、NHK「おはよう日本」、NHKラジオなどでの特集、九州大学での学会(日本人間性心理学会)講演などを行う。
また、外務省「中東和平への取り組み」パンフレット内でも、日本の支援の一事業として取り上げられる。http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/pub/pamph/pdfs/chuto_wahei_01.pdf

2006年
・大学を休学し、美女と出会うためルーマニアの某研究所で勤務。
・「ルーマニアは日本男児がもてるヨーロッパ唯一の国」という噂は嘘だと分かり、仕事を半年弱で辞める。
・大学に戻る(9月-)
・アメリカで行われたユダヤ人・パレスチナ人の間のピースキャンプにゲストとして招致される(9月) http://traubman.igc.org/camp2006.htm
・バングラデシュの娼婦街にて、ドキュメンタリー映画の製作を始める。

2007年
・大学に通いながら、株式会社マザーハウス(http://www.mother-house.jp/index.shtml)で約一年働き、映画製作にお金をそのままつぎ込む。

2008年
・一度日本社会を見てみるのも悪くないかと思い、就職活動をした。外資コンサル、総合商社、マスコミ、ITベンチャーなど一通り内定をもらう。
・大学を卒業(6月)
・フリーターになる。
・7月からバングラデシュに長期滞在。10月から日本で映画の編集作業。

2009年
・2月、3月は中東・東南アジアなど、学生時代の思い出の地を旅行する。
・日本男児が唯一もてる国、タイに移住を決意(5年後ぐらい?)
・4月より某商社に勤務、中東・アフリカの油田権益投資に携わる。
・商社マンにはなったけど、合コンではもてず。

2010年
・商社を辞める。
・映画制作は、一応継続中。

2011年
・起業する

キズキ共育塾(不登校・中退・通信制高校からの受験塾)
NPO法人キズキ コーポレートサイト
NPO法人キズキ 社会参加プログラムサイト

******
・音楽
The smashing pumpkins, Zwan, Muse, Acidman

・好きな作家、学者
高野秀行、夏目漱石、ジグムント・バウマン

・好きな映画監督、映画
エミール・クストリッツァ(特にアンダーグラウンド)、ケン・ローチ、ダルデンヌ兄弟

・言語
英語(ビジネス)、ベンガル語(日常会話)、タイ語(勉強したかった)

今まで訪れた国
ルーマニア(居住)、バングラデシュ(12回、合計一年)、タイ(10回ぐらい?、よくトランジットがてら遊ぶ)、イスラエル・パレスチナ(5回)、カンボジア(5回)、ラオス(4回)、ヨルダン(4回)、中国(4回)、ベトナム(3回)、インド(3回)、以下2回:エジプト、マレーシア、ネパール、トルコ、ブルガリア、セルビア、マケドニア、コソボ、ハンガリー、韓国、ベトナム、アメリカ、以下1回:台湾、ミャンマー、シンガポール、シリア、スロベニア、オーストリア、クロアチア、スイス、メキシコ、ポーランド、フィリピン、イギリス、フランス、セネガル、モーリタニア、ベルギーなど・・・

「自己紹介」への1件のフィードバック

  1. Aya Nishioka の投稿:

    はじめまして。

    突然コメントしてしまって
    すいません。

    バングラデシュやカンボジアについて
    お詳しいようなので、
    ご連絡させていただきました。

    私はカンボジアとバングラデシュに
    バックパッカーとして友人と
    訪れるつもりです。
    その際に、わからないことがあり
    ご相談したく思っております。
    もしよろしければ、
    ご連絡いただけないでしょうか。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中