皆さん、こんにちは。安田です。
昨日、初の著書が発売されました。
昨晩から徐々に、全国の書店に並び始めているようです。

「暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由」(講談社)

僕は人前に出るのが苦手なので、できるだけ目立たずにいたい。生まれてから現在のことを書くなんて、正直とても恥ずかしい。
それに、この本を書くことで傷つく人がいる。

全て事実ではあるけれども、生まれ育った環境について書くことにはためらいが最後までありました。
けれども、本を出すことで、一人でも多くの苦しんでいる人を助けられるのであれば、全てを書こうと決めました。
不登校や高校中退で悩んでいる方、家庭環境で悩まれている方、うつ病で通院されている方、会社が合わなくて辛い方・・・

そんな「生きづらさ」を抱えた人たちが、
「生きていれば、いいことがあるかもしれない」
そう思ってほしくて書いた本です。

******
もしかしたら前半は、読んでいて苦しい気持ちになるかもしれません。
生まれながらに発達障害があったこと。父が暴力的であったこと。父が外に子どもを作って帰ってこなくなった時のこと。母も外に恋人を作って帰ってこなくなったこと。そして12歳で家を出た時のこと。暴走族に追いかけ回されていた日々のこと・・・

けれども、後半からは再生と希望の物語が始まります。
20歳の時に運良く大学に合格し、そこで様々な人の助けがあったこと。せっかく入った大企業を4ヶ月でドロップアウトしたけれど、そこでもたくさんの人たちが助けてくれたこと。そして、起業・・・

今のキズキを形作る全てのことを書きました。
また、この本は誰かを非難するために書いた本ではありません。
僕に害を加えてきた人であっても、その裏には必ず、その人なりの苦しみや悲しみがありました。発達特性や家庭環境、それに「孤独」や「憎悪」が存在していました。
そのことを知ったことで、人間の多様性や豊かさについて気づいたことも、僕にとっては大事な経験でした。

******
一つお願いがあります。
本を手に取ってくださった皆さま、ぜひSNSやブログ、Amazonなどで感想を書いていただけたら嬉しいです。
そうすることで、様々な「暗闇」を抱えた当事者の方、そのご家族の方、支援の世界で試行錯誤している方、一人でも多くの方の目にこの本が触れることにつながっていきます。

また、本の売上は、一部経費等を除き、キズキが行っている少年院支援や低所得世帯向けの塾内奨学金給付などに使用していく予定です。
全ての生きづらさを抱えた人に、この本が届いて欲しい。
そう強く願っています。