僕の会社が運営する塾に通う生徒は、様々だ。

不登校の中学生、高校を中退したばかりの子、引きこもり経験のある若者もいる。
そんな若者たちが、高校受験・高認受験・大学受験等を目指して通ってくれている。

状況は様々だけれども、彼らに共通しているのは、「大きな挫折を経験している」ということだ。

「もう2×歳になってしまった。周りは働いているのに・・・」
「二度と、普通に生きられないかと思うと怖い」
毎週のように、そんな若者たちの悩みを聞いている。

******
そんな彼らに対して僕が伝えるのは、意外に遠回りも悪くないよ、ということだ。

僕も、親の相次ぐ離婚、暴走族、うつ病etc、色々なことを経験してきたけれども、だからこそ今の事業ができた。
そんな経験のおかげで、家族に問題を抱えている若者の気持ちも分かるし、保護者の相談にも乗れる。
不良時代の写真はプレゼンの時の掴みとしては最高だし、うつ病を経験したことで「引きこもり」の若者の相談に乗れることも多い。

10代の頃の挫折は、20代後半の今になって、一本の線で繋がったように思う。

*******
僕の周りの優秀な人たち、それも高い年収を得て、有名な会社で働いている人たちの中で、何か「物足りなさ」を感じている人は多い。
「自分が本当にやりたいことは何なのか分からない」という話をよく聞く。
能力をつけて誰もが羨む地位や収入を手に入れたとしても、それだけだと「空虚さ」のようなものを抱えてしまうらしい。

けれども、何かしらの原体験のある僕らは、ラッキーだ。
やりたいことを行うためのハードルの高さに苦しむことがあっても、「やりたいことが見えない」悩みは少ない。
生きる上で直面する多くの選択の中で、「自分がどの物語を選ぶべきなのか」、その判断基準に迷うことも少ない。

「『私はどうすればよいか?』という問いに答えられるのは、それに先立つ『私はどの物語のなかに自分の役を見つけられるか?』という問いに答えられる場合だけだ」   
―マッキンタイア『美徳なき時代』

小さくても首尾一貫した自分なりの物語を歩むことの方が、幸福や自己肯定感には繋がるのかもしれないと僕は思う。

******
人は多かれ少なかれ、「挫折」を経験すると思う。
僕も挫折続きだった。

「挫折は人生の糧になる」みたいな教訓めいたことを言うつもりはないけれど、事実として、挫折があったからこそ、僕はこの事業ができた。
僕の会社のスタッフたちも同じだ(有給スタッフ、20数名のうち、7〜8割が中退・不登校・引きこもり等の経験者)。

僕たちの元に通う若者たちも、卒業後は未来の若者たちを支える側に回って欲しいと願っている。
挫折を「物語」に変えることで、その「物語」は他にはない唯一無二の存在になりうるから。

******
******
ちなみに、そんな若者たちを支える講師を募集しています。
ご関心のある方はぜひ⇒ 特定非営利活動法人キズキ 採用情報