「のだめ」の映画を見に行った。
オーケストラの演奏に酔いしれ、夢を追う登場人物たちの姿に美しさを感じていた。
 
同時に、僕にもあんな風に夢を追いかけていた時期があったな、と少しだけ寂しくなった。 
そして、またいつか輝ける日が来るのかなと。
 
****** 
「大人になるっていうことは、色々なものを棄てていくことなんだよ」
ある人が言っていた。
その通りだと思う。
 
そして僕は肉体的にも精神的にも限界があることを認識しているし、いつまでも過去の思い出にstuckしていちゃいけないことは分かっている。
けれども、まだ自分の人生に諦めをつけきれてはいない。