白石一文の新作「ほかならぬ人へ」を読んだ。
家族関係も男女関係も、そして自らの肉体も全てが不条理でであるーそんな当たり前のことを思い出した。
社会や世界は不条理に満ち溢れていて、それでも人は前を向かなければならない。