映画を見まくっている。
僕は前回も書いたように、エミール・クストリッツァの作品が一番好きななのだが、今日も「黒猫・白猫」という作品を見ていた。
これもヴェネチア映画祭で銀獅子賞を取っているらしい。
(ちなみにこの作品に出ているセルビアの女優"Branka Katić"が、めっちゃ好み)
 
気づいたことが1つ。
意外にも、セルビア語とベンガル語が似ているのである。
 
例えば、数字。
1,2,3はエク・ドゥイ・ティンとベンガル語では発音するのだが、セルビア語でも同じだった・・・
あと、「人間」とか「奴」とかいう意味で使われる「マヌシュ」、これもセルビア語で同じように聞こえた。
 
東欧の言語って、意外とベンガル語と共通点あるのかな?
知っている人いたら、教えてください。
 
******
ルーマニアには合わなかったけど、お隣のセルビア辺りで映画を勉強したい。
もう5歳若ければ、そうしていたような気がします。