入社式だった。配属が言い渡された。
正確な部署名を書くのは控えるが、エネルギー・金属部門で石油・ガス関連の仕事をするらしい・・・
一番人気のある部門だし、商社の花形なのだろうけれども、石油・ガス関連は一番携わりたくないビジネスの1つだった。サウジとかドバイに飛ばされたらどうしよう・・・アフリカかもしれない。
配属面談で、「ベトナムとかどう?」との問いに、「もっときついところに飛ばしてください、アフリカとか。」と返答してしまったことを今更後悔した。(タイに駐在して連日タニヤで接待されるのが、夢だったのだが・・・)
石油・ガス関連ビジネスは、僕が今問題意識を持っているフィールドと、余りにかけ離れている。
 
景気悪化の影響は商社の配属も左右したのか、今年はコーポレート(経理や財務や人事など)に配属された者が多かった。その中で営業に行けたのは幸運だったのかもしれない。 
けれども、自分がありたい姿から、どんどん離れて生きそうで怖い。
帰りに、大学時代にいつも行っていた新宿のジュンク堂に寄って昔を思い出していたら、妙に切なくなった。
イスラエル・パレスチナも、バングラデシュも、カンボジアも、全てが遠くに行ってしまいそうだった。
 
******
今日は、会社の制度説明がほとんどだった。
心配事は二点。
・ちゃんと残業代は出るか、どれだけ有給を消化できるか。僕は僕のために働くので、妥協するつもりはない。
・しかし、給料が安い・・・残業代含めても、初年度は年収400万円満たないかも。外資コンサルに行ってれば、その1.5倍だった・・・(商社を選んだことに後悔はないが)
 
******
4月は研修の日が多くて、早く帰れそうです。
皆さん、夕飯でも食べましょう。