3年前日本に呼んだイスラエル人ダニエルとその妹と、エルサレム郊外のこじゃれたバーで飲んでいるとき、ふとダニエルが言った。
「イスラエルは物価高いのに給料安くて生活はキツイけど、日本で生きるより幸せだと思う。」

18歳になったら二年以内に大学に行かなければ「いけない」、大学を卒業したらすぐに働かなければ「いけない」、日本はなんて不自由な社会なのだろうと、彼は言う。
三年前に一ヶ月滞在しただけなのに、よく日本のことを分かっているなと思った。

イスラエル人は20歳で兵役が終わると、5年ぐらいバイトで生活費を稼ぎながら、旅をする。
その後やりたい勉強が見つかれば大学に行き、やりたい仕事が見つかれば働く。
非常に自然で合理的だ。

その自然さや合理性は生活様式にも表れている。
例えば、ショップ店員は客が来ない限り座って本を読んだり、電話をしたりしている。
例えば、ちょっとした会議やワークショップであっても、出席者が別のイスの上に足をのっけてリラックスしながら話すことも珍しくない。
例えば、よほどのことがなければ、オフィスでスーツを着る必要もない。
つまり社会が人間を縛っていないのだ。

そんな会話をしていると、横からダニエルの妹が口を挟んだ。
「日本人は自由が嫌いなの?それとも自由の意味を知らないの?」
僕は、「不自由であることが、居心地がいいこともあるんだよ。」と説明したが、なかなか理解できないようだった。
「ユダヤのreligiousな人たちみたいに思考停止しているのね」と最後に彼女は言った。

******
今回の旅では、日本で生きる必然性についてよく考えていた。

顔も日本人顔、得意な言語も日本語、そういったことは変えようがないにしても、僕はこの社会を居心地が悪いと感じてきた。
特に幼い頃はそうだった。中学受験をさせられたとき、なぜ勉強するのかが意味が分からなかった。大学受験もそうだった。なぜいい大学をこぞって目指すのか訳が分からなかった。 就職活動でもそう。全てはレールの上に乗っているのに、それを自分の意志だと皆ごまかす。

先日エルサレムに来ていた村上春樹は、イスラエルの新聞haaretzのインタビューで、このように答えていたらしい。(ある先輩のブログより)
「日本社会は僕を圧迫する、それはとても単一的で狭い社会だ。1億2千万人がまるで一人の人間。僕はそんな中で特殊だった。西側では個性や人格は当然のことであり、格闘する相手ではない」
村上春樹の作品については、特に好きというわけではないのだが、この一言には共感した。

******
外国語もある程度理解できるようになり、たぶん僕はどこででも生きていける。
だから、今後この不自由な社会に生き続けるのかどうか、悩みはじめている。