が僕は嫌いだ。
 
僕は四月から会社員になるけれども、社会人になるつもりはない。
これまでも様々な場所で、様々な社会に関わってきたわけで、それは何も変わらない。
 
ただ、奨学金も切れ、お金もないので、会社員になるというだけ。
そしておもしろいことができそうな場所を見つけたので、そこ(会社)に所属するだけ。
 
社会学的には、労働=美徳とする価値観は近代が生んだものだ。(最近読んだ本では、バウマン著の「新しい貧困」が分かりやすい。)
そして、これだけ技術が発達すれば、「働かなくていい時代」みたいなものが、いずれは来るだろう。
 
だから、「今年からは社会人だ」みたいな気負いが僕にはない。会社員として労働することに絶対的な価値があるわけではないのだから。
ルーマニアに飛び立った頃とさして気持ちは変わらない。今までどおり、一生懸命生きていければいい。
 
 
この三ヶ月は大学時代の友人によく会っていたが、皆、何も変わっていなかった。
本を読み、問題意識を持って、実際に行動していく。
何も変わるつもりはないし、その必要もないのだと思う。
組織に所属して給料をもらうかどうか、その違いしかない。
 
******
とはいえ、今年は会社中心の生活となる。
目標としては、1:映画を完成させる、2:会社員生活の中で何かを掴む、3:ベンガル語をTOEIC800点レベルにあげる、4:将来自分が何をしたいのか、見通しをつける、5:三つ目の外国語(おそらくフランス語かスペイン語)を始める、といったところか。
2008年は2007年、2006年の絶望に満ちた時間よりは楽しく過ごせたが、今年はもっと楽しく過ごせるといいなぁ。
 
しかし5日連続忘年会の疲れがきたのか、元旦は夜8時まで寝てしまった・・・
体力のなさは不安材料か。