最近は時間があるので、テレビ、新聞、雑誌、本、ネットのチェックをしっかりしている。
 
テレビ(民放)は見ていてもイライラするだけ(連ドラは好きだが・・・)だけれども、新聞はちゃんと事象を分析しているので、まだ読む価値がある。
国際問題の分析などは、新聞を読むのが最も良い。
 
一方で、大手メディアはトヨタを始めとした有力広告主の悪口は基本的に書かないし(まぁこれは日経が一番ひどいらしいが)(http://www.mynewsjapan.com/reports/410)、ましてクロスオーナーシップで守られているメディア自身を悪くこと(http://www.mynewsjapan.com/reports/949)は全くない。最近の例では、某新聞社の派遣労働の問題があるが、やはり大手メディアでは報じられていない。
 
 
そういったタブーに挑戦している雑誌が「創」や「サイゾー」であり、ネットニュースでは「ビデオニュース・ドットコム」と「My News Japan」だ。
サイゾーは最近mixiニュースに記事をアップしていて、大企業・大手メディア批判がmixiニュースに出ているので、世論の流れが変わるかもしれないなぁと期待している。(どうでもいい芸能ニュースがあるな・・・と思いきやメディアではタブーとされているジャニーズ批判であったりもする)
 
一方「ビデオニュース」や「My News Japan」は課金型のニュース配信サイトなので、お金はかかり読者層を選ぶが、その分大手メディアでは得られない情報は多い。大学時代の友人など、「意識の高い若者」はチェックしている人が多いような気がする。
 
 
そんな感じで、ネット型のジャーナリズムに僕は期待している。
某テレビの内定は断ってしまったが、ネットメディアなら転職してもいいなぁと思ったり。