バングラデシュに行く日が延びました。
7月29日に関空発です。(たぶん)
 
これには色々と理由があり、
1、映画の編集作業が終わっていない
今回で映画は終わらせます。やっと目処がついてきました。
 
2、病院通いが終わっていない
虫歯12本、顎関節症(歯医者)、慢性的な鼻炎(耳鼻科)、肩こり(接骨院)、突発性過眠症(睡眠障害専用の病院)などに通っている。
大学を卒業して時間ができたので、久しぶりに病院に行ったら、いろいろと病気が発覚してしまった。
体力のなさがネックだ。
 
3、航空券がなかった
まぁ文字通りです。
 
27日頃に関西に向かおうと思っています。
それまで時間のある東京の方々、27~29日まで時間のある関西または中部の方々、会いましょう。
(何度も変更になってしまい、関西方面の方々にはご迷惑おかけしました・・・)
とりあえず、連絡待っています。
 
 
バイト始めました。といっても、二ヶ月前からです。
食を通じて、途上国と先進国で何かできないかなぁと漠然と考えていたこともあり、四谷のペルー料理屋で働いています。
 
高校時代様々なバイトをやってきましたが、どれも三ヶ月続かず、10回以上バイトを変えてしまいました。
しかし、今回のバイトは楽しい。店長がなかなか変わった人生を送ってきた人で、バイト中の雑談が勉強になるのです。
 
次の木曜、金曜のバイトの後は、バングラデシュに行くためしばらく休みます。
皆さん遊びに来てください。
 
 
ゴールデントライアングルに興味があります。
「アヘン王国潜入記」、「西南シルクロードは密林に消える」という本を読んでから、ずっと行きたかった。
そこでバングラデシュには雲南省経由で行き、雲南省昆明に降り立った後は、すぐにミャンマー国境の端麗にとびます。
 
ゴールデントライアングルの麻薬は一度端麗に集積し、それが世界各地に広がるそうです。
バングラデシュの娼婦街の女性たちも然りだけれども、辺境に生きる人々に僕は関心があります。
もし何かご存知な方がいらしたら、情報下さい。