今月の卒業がほぼ確定しました。
単位は無事、取れたようです。 
(そして7月からはバングラデシュで語学学校に通い、10月からはフィリピンで数ヶ月働きます。)
 
 
四月に入ってから、週に一度は大学の同級生と会うようになった。
彼らの多くは三月に卒業したんだけれども、「卒業してからICUという環境のありがたさを分かった」と、皆口々にいう。
 
大学の同級生たちとは、専攻も興味対象も全く違ったとしても、どこかで分かり合えるが不思議だなと思う。
大学受験の時に、早稲田や慶応や上智ではなくて、あえてICUを選ぶあたりが、自我の強さというか、「他人は他人、自分は自分」というICU生らしさを作っているのかもしれない。僕自身、自由で何にもとらわれないあり方は、世界各地で生まれ育った大学の友人たちから学んだものだと思う。
 
 
本当に最高の四年と三ヶ月だった。 
とりあえず僕は卒業して民間企業で働くのだろうけれども、大学で出会えた人たちと、いつか一緒に働けたら最高に楽しいだろうなと思う。
 
 
 
追記
今年のICU祭でカフェ(世界の料理を出したい!)をやりたいと思っていたのだけれども、もう募集は終わったのかなぁ・・・
7月以降も在校している皆さん、協力お願いできませんか?ICU祭の手続き等の情報提供もよろしく。(当方、出展経験ないので)