内定いただきました。
某外資コンサルの経営コンサルタント部門です。
 
受かった理由は後から考えてみると、すごく単純でした。
外資金融4つとも最終選考で落ちてしまったのですが、最終面接で「行きたくないないな」と思ってしまったのです。
ここだけは「行きたいな」と思えました。
ただ、それだけのことのような気がします。
 
最終面接で、「あなたの価値観を知りたいです。好きな本とか、尊敬する人とか教えてくれるかな?」との問いに、「私は「人はなぜ生きるのか」ということに興味があります。なのでニーチェやカミュなどは学生時代を通じてよく読みました。そして人生に意味などないとしても、それにもかかわらず強く生きる人たちを私を尊敬します」と答えました。そして、MHのスタッフや、娼婦街の娼婦たちの話をしました。面接官は納得してくれたようでした。
一方、同じ答えをある日系企業でしたところ、一次面接で落とされました。
単純なことですが、自分がどんな世界を創りたくて、その中でどうありたいのか、そういう種類のことは大切にしたいのです。
 
 
私は経営コンサルタント部門の中の業務担当になるそうです。
某外資コンサルは経営コンサルタントとITコンサルタントが1対9の割合でいるのですが、経営コンサルタントの中でも戦略と業務で分かれます。
学生の立場からすると、経営コンサルタントの中でも「戦略」が花形なのかなとも思いますが、僕は業務に興味がありました。
業務はSCMや財務などに特化したコンサルティングを行いますが、私は人財に関心があります。
ご存知の通り、外資コンサルは給料も良いです。四年働けば、アメリカにMBAを取りにいけるかもしれません。
 
 
とはいえ、商社に行きたい気持ちが日に日に強くなっています。(内定がもらえるかは不確定ですが笑)
実はあるベンチャーからも内定を頂いております。
内定受諾は二週間待ってくれるそうなので、それまで考えようと思っています。
どなたか相談に乗ってくださると嬉しいです。