社長、めちゃくちゃカッコ良かった。
スタッフとしては誇りに思えるし、二歳しか離れていないことを考えると悔しく思ったりする。
 
番組の中で、「自分で見て考えたことしか信じない」っていう社長の言葉があった。
僕も全く同じポリシーを持っているから、その点でもすごく共感している。
それに、見たこともない世界のことを語るのは、そこに住む人に対して失礼だと思う。
 
 
けれども矛盾を感じるのは、MHに共感している多くの人がバングラデシュを訪れたことはないということ。
それどころか、これまで途上国の開発にどのような問題があったのか、本さえ読んでいる人は少ないんじゃないか。
全ては社長の生き方に共感し、その言葉を信じているに過ぎない。
MHのやっていることが、本当に現状を変えることになるのか、疑うものはいない。
非常に逆説的だ。
 
僕は、そんな「見ていないものを信じる」姿勢に、すごく疑問を感じる。
というのも、僕自身五回、計半年以上バングラデシュに滞在したけれども、分からないことだらけだからだ。
 
 
 
 
 
 
 
ビジネスで全て途上国の貧困が解決するのだとしたらそれはネオリベの極みだし、だから「途上国をビジネスによって発展させる」といった理論は、開発学の領域では使い古された感がある。
また、多くのNGOが収益性の高いマイクロファイナンスに集中し、教育・保健といった他のセクターが疎かになっているという嘆きを、現場のエリート層からよく聞く。どっかの国と同じ問題を抱えているわけだ。(バングラデシュは政府が腐敗しているから、NGOがその代わりになる)
(もちろん、自助努力を促すような開発のあり方は、まだ確立されていないようだし、その意味でMHのやっていることはすごく大事なことなんだけどね。)
 
ただ、それでもMHのやっていることに、すごく価値があると信じているのは、「ビジネスを通じて」という言葉の先を行って、「途上国の価値」という言葉を創りだしたからだ。
僕はこの「言葉」に共感した。
 
イスラエル・パレスチナ、バングラデシュに生きる人々から多くのことを学んで受け取ってから、「援助」という一方通行ではない形で、彼らに関わりたいと考えるようになった。だから二年半ぐらい前は「エコ・ツーリズム」(途上国の自然を生かす)とか色々考えていたんだけど、なかなか成功しそうな事業は思いつかなかった。そんなとき、MHのことを知った。
 
 
 
 
あれからずっと考えているのは、途上国といわれる国々が、単なる「援助の対象」でなくなったら、世界はもっと多様で美しくなるはずだってこと。
地域と地域の価値をつなぐことで、世界を豊かにできたらと思う。
その「価値」が、人の心をちょっとだけ豊かにするんじゃないかなと。
 
「言葉」がもたらすパラダイムシフトを信じたい。やっぱりconstructivismに惹かれる。