大学生らしく、大学の授業で思ったことを書こうと思う。
 
先週ぐらいに、ある授業でフェミニスト某教授がお怒りだった。
事の発端は、ある生徒がコメントシート(出席代わりになる)を人に預けて出したとのこと。
預けられた人が、そのコメントシートに「この人は私にコメントシートを預けていきました」と書いて提出したらしい。
 
「ICU生がそんなことをするなんて信じたくないが・・・」と説教が始まった。
大学にも、勘違いしている教師がいるのだなと思った。
 
 
授業中寝るのも、授業に来ないのも、教師の授業がつまらないからだ。
少なくとも僕は、本を読んだほうが早い授業には、基本的に出ない。
出席なんて取らない授業が、大教室を満員にしているのを現によく見るわけで、反省すべきは自分にあることを、いい加減気づいてほしい。
成績評価に「出席」なんてものを入れるのは、自分の授業に自信のない証拠だと思う。