8月15日ぐらいのことだったと思う。
僕はミャンマーの首都ヤンゴンにいて、帰国の便に乗るために、ゲストハウスの前でタクシーを拾った。
 
ゲストハウスの従業員に空港までのタクシー料金の目安を聞いていて(ミャンマーのタクシーは交渉制)、それは確か5000チャットだったと思うのだけれども、僕の前に止まったタクシーの運転手は、「7000チャットだ。」と答えた。
僕が「5000チャットのはずだ。」と反論すると、「今日からガソリンが値上げされたんだ。」と彼は答えた。
観光客だから騙されているのだと思い、「他のタクシードライバーに聞いてみるよ。」と僕は彼に言った。
僕の周りにはすでに何台かのタクシーが集まってきていて、結局、交渉の末に他のタクシーに5000チャットで乗ることになった。
 
それから一ヶ月ばかりが経ち、ミャンマーでデモが起きた。
そして、一部のニュースは「ガソリンの値上げが原因だ」と伝えていた。調べてみると、確かにそれは8月15日のことだった。
 
あのときのタクシードライバーの顔はもう思い出せないが、本当に申し訳なく思った。
僕は人を疑うことに慣れ過ぎている。