とにかく忙しい。朝、会社に行き、夕方大学。
今週は5時間以上眠れた日がなかった。
 
忙しくても友人に会う時間は確保したいし、写真とか映像とか趣味にあてる時間も確保したい。
そうすると、寝る時間がなくなり、次の日の会社で眠くなる。大学の課題も終わらない。
 
そんな生活の中から分かったことは、忙しくしても「虚無感」はなかなか消えないということだった。
受けた傷はそう簡単には癒えないってことだった。
 
 
でも、仕事では刺激を受けている。とにかく先輩方の頭が良すぎだ。
さらに、映像編集もようやく始まった。春の予定も決まった。(春はベトナムからタイまで二週間弱で抜けた後、バングラデシュの売春宿街に撮影のため篭もります。)
一年のブランクを経て、ようやく動き出せそうな気がする。
 
 
「人生に意味を求めるな」
この言葉を正しいとするならば、僕は日々の一瞬の輝きを大事にして、生きていきていくしかないのだと思う。