二日連続のブログ更新。
 
  
先日、同僚に何枚かの写真を見せられた。
どの写真も標識やら旗やらが二つずつあるのだが、そのうち下一方は全て塗りつぶされている。
 
ルーマニア語標識、ルーマニア国旗だけがあり、ハンガリー語標識、ハンガリー国旗が塗りつぶされているのだ。
 
これは実際にある村で起こった「いたずら」だ。
私の住むトランシルバニア地方では、歴史的にハンガリーの支配下に長くあったこともあり、ハンガリー人が大多数を占める集落も多い。それが時に、民族対立を生む。
 
それでも少しずつ共生への試みが続いている。
 
例えば、私の住む街のベンチは全て赤く塗られている。
それは、赤という色がルーマニアの国旗にもハンガリーの国旗にも使われているからだ。
 
元々は全てルーマニアの国旗の三色に塗られていたベンチを、現市長が当選後、全て赤く塗りなおさせたらしい。
 
私がイスラエル・パレスチナの問題に興味を持ったのも、たぶんアイデンティティの問題に興味があったからだし、ここにきてもルーマニア国内のハンガリー人について興味が出てしまう。
もし私にアカデミックの世界で生きる才能があったなら、アイデンティティの問題にじっくり取り組むだろうなと思う。
 
さて、先日とある日本人と知り合った。すごくいい人だったのだが、一つだけ気になったことがあった。
それは、私がよく「チャイナ」と、からかわれると言う話をした時のこと。
 
「チャイナとバカにされたら、俺はジャパンだって返せばいいんですよ。ルーマニア人は皆日本人のこと尊敬してますからね。トヨタとかソニーとか有名ですから。私はそうしてますよ。」
 
と彼は言った。
 
でも私は、「日本人」という下駄を履いて、背が高くなったような気になるぐらいなら、「チャイナ」でも何でも受けて立ちたい。それぐらいのプライドは持ち続けていたいと思う。