今日は休日なのだが、研究所が空いていたので来てしまった。
三日連続のブログ更新。
 
前回、東京に平和に暮らす若者がイスラエル・パレスチナに関わる上での「立ち位置」に関する悩みを書いたら、今ISMに参加している友人S氏からすぐにコメントがきた。私もたったいまコメントを返したところ。(前回のブログのコメント欄を参照のこと)
 
前回のブログで多少誤解を与えてしまった部分があるかなと思い、補足する。 
 
 
まず、東京で平和に生きる若者が、イスラエル・パレスチナの紛争に関わる資格がないというつもりは全くない。
 
もちろん、私たちにもできることがあると思っているわけで、だからこそ私は二年間も単位と睡眠時間を犠牲にして色々やってきたわけだし、これからも何らかの形で関わっていけたらと思っている。
 
ただ私は「お前ら平和になれよ」とお互いに強制することはできないなと思う。「対話したいと思っているなら、協力するよ。そしてテレビや新聞などの露出を通して日本社会に伝えることで、世界の1人でも多くの人が、この地域の紛争を知り何かアクションを起こすように俺らは協力する。」としか言えないなというのが、某団体で活動していた時の考えだ。
 
 
 
またISMの活動にイスラエル人が加わること素晴らしいことだなと思う。
 
場所で生きて自殺爆撃の恐怖に怯えて暮らしていたり、ユダヤ人として迫害の歴史を背負っていたりして、その上で「パレスチナ人と共存します」という、イスラエル人としての非暴力の意思表明には共感する。すごいことだと思う。
 
でも、あの場所に生きていない私が加わることには抵抗がある。
私にはイスラエルの占領政策を心の底から批判する資格があるようには感じない。
 
イスラエル人・パレスチナ人と計2ヶ月近く共同生活をしてきて、彼らからしても私は第三者でしかありえないなと感じた。逆に言えば、第三者だからこそできることをしたいと思い、今まで色々やってきた。
 
 
 
いずれにせよ、S氏のコメントには考えさせられる点も多いので、時間があったら見て欲しい。
 
私にとっては非常に難しい問題だ。