本当は昨日のブログの続きを書きたいのだけれども、航空券をとったのでイスラエル・パレスチナ行きの話を。
 
旅程は6月21日~7月5日の二週間。本当は長くいたいのだが、多忙な同僚のせいで早く予約できなかったため安い便は一杯。というわけで、こんな時になってしまった。
 
映画を撮る件も、同僚が多忙のため(といっても夜は飲みにでかけているんだが)うまく渉外の手はずを整えられず難しくなりそうだ。ルーマニアと日本では仕事に対する感覚がどうも違うらしい・・・
 
 
 
 
今日は研究所にパレスチナ人が来ていた。
毎週金曜日のISMのビリン村の活動についての映像を見た。友人S氏がちょうど今参加しているやつだ。
 
私のいる研究所は、平和学の父ヨハン・ガルトゥングによって創られたTRANCENDグループの関連研究所だ。ISMの活動はTRANCENDグループの標語である"Peace by peaceful means"(平和的手段による平和)に共鳴するものもあるのかもしれない。
 
ISMとはInternational Solidarity Movementの略でイスラエルのパレスチナ占領に反対して、壁やチェックポイント、イスラエル軍が土地を接収する予定地などで抗議活動を行っているグループ。非暴力的手段で、イスラエルの占領を止めようとしている。
 
占領に反対するイスラエル人だけでなく、海外からの参加者も多い。
しかし、これはあの場所に生きている人間がやるからこそ、意義のある行為なのではないかと考えたりする。
 
 
 
 
 
ある知人のブログで、社会科学における「立ち位置」の話があった。
 
それを読んで、イスラエルとパレスチナの平和活動みたいなものを二年間もやる中でいつも考えていたのは「立ち位置」の問題だったのを思い出した。
 
 
あの頃、東京に住んでいながらイスラエル・パレスチナの問題にかかわることに、ずっと「おこがましさ」を感じていた。
たまにイスラエル・パレスチナに行き、夏に日本で会議を開いて、彼らに同情した気になることが本当に正しいことなのかずっと考えていた。
東京で命の危険など感じずに生きる私が、イスラエル・パレスチナに「平和になれよ」とすることが正しいことなのか、悩んだ。
 
だから去年私は、
「私たちは君達に対話をする場所を提供することができる。だから、君たちは自分たちの現状を日本社会に伝えて、日本社会を外に開かせて欲しい。」
とイスラエル人・パレスチナ人によく話していた。それしか方法がなかった。
 
 
 
 
後輩のN嬢がつくった昨年の夏の会議のドキュメンタリーを、親しくさせて頂いているジャーナリストの方に見せた時に、言われた言葉がある。
 
「いい出来だと思う。でも、「じゃあお前はどう考えてるの?」って思われるかもね。」
「でもそれでいいのだと思う。」
 
このドキュメンタリーは完全に「イスラエル人・パレスチナ人」に焦点をあて、日本人には焦点を当てなかった。東京で命の危険を感じずに暮らしている若者が、安易に見解を述べることには抵抗があった。本当に悲惨な現実に直面した時、「立ち位置」など考える余裕があるのかは分からないとしても、そう思った。
 
 
 
 
 
 
 
さて、私にとってあの場所は世界の紛争の一地域であると同時に、数え切れないぐらいの友人と数え切れないぐらいの思い出が詰まった場所だ。
 
大学に入って初めての夏、あそこで世界に直面した。「世界には悲惨だけの場所もないし、美しいだけの場所もない。」そんな当たり前のことに、あの夏気付いた。
 
 
 
 
とりあえず、友人たちに会ってきます。