もうかれこれ三ヶ月、日本の外に出てない。
 
3~4月  イスラエル・パレスチナ旅行
8月     イスラエル人・パレスチナ人と一ヶ月の共同生活
11月    タイ・カンボジア旅行
 
以上がここ一年間にやってきたことだが、私は3~4ヶ月に一度は変化がないと耐えられないのだ。
旅に出たい。
 
というわけで、今日タイ行きのチケットを予約した。
近いうちに、タイの旅行代理店からバングラ行きのチケットを買うつもり。
 
 
 
いま興味のあるテーマは少女売春。カンボジアで見てから、ずっと気にかかっている(以下参照、過去の文章)。
だから、ネパールやバングラに行きたい。
ダッカINのカトマンズOUTでチケットがあるか、探してみたい。それだとインドも通れるし。
 
 
さて、情勢不安なネパールであるが、ネパール人の現地NGOで働く友人から情報が届いた。
 
the situation in nepal is not that much worse, what people think.. Yes there
is some political problems and conflict but that does not make difficult to
the foreigners and tourist..
actually there is two kinds of problesm.
1. is political parties demonstration.. which is based on pease raly..no
voilance..just some pressure to the government.
2. maoist problem…recently the maoist leader make a statement that they
are not going to increase the voilance activities..that is also based on the
rural part of nepal.
 
以上、さっき届いたメールのコピペ。
色々調べてみたが、意外に安全らしい。
外務省のホームページを見ても、危険の匂いはあまり感じない。
 
 
 
 
少し話しはそれるが、バングラとかネパール情報を集めていたら、あるサイトに出会った。
 
 
とにかく写真がきれい。
世界の豊かさを伝えてくれる文章や写真。
 
 
 
フリージャーナリストへの憧れは強い。しかし大人になるに従い能力の限界が見え始め、生活していけるだけの最低限の収入を求めてしまうことも事実だ。それに、多くの人に読んでもらわなけられば、意味は半減する。
いまのところ、既存のメディアに就職したいなと考えている。競争は厳しいだろうが。
さらにソーシャルベンチャーへの未だ憧れもあるので、なんともいえないが。
 
 
とりあえず、休学中いいデジカメを買って自分のホームページをつくり、いいビデオカメラを買って映画をつくりたい。やれるところまでやってみたいなと、たまに夢想したりする。