大学に入って色々映画を見てきたが、先日久々にいい映画にめぐりあえた。
 
「オールドボーイ」
韓国映画で2004年のカンヌグランプリだ。
 
残酷なシーンが多すぎという負の評価や、展開の早さやミステリー性なんかを評価する声を聞くが、この映画の最も大きな主題は「愛」だと思う。
(もちろん主演俳優チェ・ミンシクの演技力、撮影技法も素晴らしかったが。)
 
特にラストのセリフと、それに対する主人公の表情が素晴らしかった。
 
 
基本的に人に映画を勧めることはないのだが、これはお勧めだ。
まだ見てないなら、今すぐレンタルビデオ屋に行くべし。