題名に特に意味はない。ただこのブログを書くとき、某N氏の言葉が浮かんだだけだ。

「題名にインパクトをつけた方がいい。もし自分ならラーメン二郎って題名があったらそのブログは絶対にみたくなる」

このブログへのアクセスの半分以上がグリー経由になるのだとしたら、「題名」には気を払わねばならないだろう。ってなわけで、この題名により「ラーメン二郎」ファンが多く見てくれることを望む。しかし僕自身、ラーメン二郎は一度しか食べにいったことがない。しかも評判のあまりよくない某店だ。N氏曰く高田馬場店がいいらしい。

実はさっきまで二日酔いに苦しんでいた。三日連続忘年会のフィナーレはひどいものだった。

忘年会初日は月曜日。土曜のミーティングの後横田がうちに泊まり、早朝帰った。日曜は夕方までたっぷり寝て体力回復!っと思いきや、団体の仕事が明け方までかかる。体力を温存できぬまま連続忘年会に突入。

月曜日は当学生会議の忘年会。当初の予想を上回り、10名ほど来る。新メンバーの高井君やY嬢も来てくれた。しかしなぜかそこに某E氏もいた。夏にイスラエル人、パレスチナ人を日本に招いて会議を行っていた時、彼は四日間程ふらっとやってきた。そして今回国際学生シンポジウムなるものに出席するため、東京に誤爆しにきたらしい。本当にERRORだ。(内輪しかわからないネタですみません)今日忘年会があるなんて、誰がいったんだ??

とにかく彼は変わっている。まず、昼だろうと夜だろうと屋外だろうと室内だろうと常に「サングラス」。そして、眉毛が人の三倍ぐらい太い。更には、「学生団体の坂○竜○」と名乗り、名刺にまで刷ってあるんです。最後に、彼の高校時代の停学理由がすごい!!僕やマサも停学ぐらいはなったことがありますが、こんな理由で停学になる人を初めて見た!。田代まさしよりすごい理由です。そしてそれを自慢げに語れる彼はもっとすごい!!

勘違いもここまで来ると、「気持ちいい」と思えてしまうのは僕だけでしょうか。今日来てくれたY嬢には本当に申し訳ないことした。隣に座らせてしまって・・・E氏にK嬢は説教してました。K嬢の関西弁は本当に怖かったwまぁそれでも根はいい奴で、大阪行ったときは本当にお世話になりました!おかげで楽しい関西旅行になったもん。ついでに妹さんがかわいい・・・お兄さんと呼びたいような呼びたくないような・・・いや、いずれ呼ばせてください(笑)

そして某N氏の判断で、高くてマズイ店に入る。ほろ酔いになり熱く語る。前代表のN氏や前事務局長のK嬢にプレゼントを渡すが、あまり喜ばれず・・・N氏にはパンチングミット、K嬢には鞭。まさに二人の性格を表していると思ったのだけれど、実用性はゼロだったと思う。それでも皆で選んだんです。ごみにはしないでね・・・

K嬢に最近思っていることを語る。「地域を基盤として、そこで国際協力に携わりたい人のニーズを汲み取る。そうやって徐々に「社会への発信」を行っていくべきなんじゃないか」みたいなこと。

K嬢は「今回の会議は「双方向性」にかけてた」と言う。シャバットディナーに招待するなどして、イスラエル・パレスチナの文化を体験してもらういような時間や、逆に山古志村の人々にその土地で取れた食材で伝統料理をイスラエル人・パレスチナ人に振舞ってもらうような時間があっても良かったっと。

その通りだと思った。来年の夏に向けて、注意しなければならない点だろう。そのような「双方向性」の中で、その地域に対しイスラエル・パレスチナのことを知ってもらうことができる。逆に、イスラエル人・パレスチナ人、僕らも、地域の人から色々なことを学ぶことができるのだと思う。

そして会計を見てびっくり!一人4500円、たいして飲んでもないし、食ってもない。Y嬢や高井君は今日来てくれたってことで3500円にしたが、それでも高すぎたと思う。本当に申し訳ない・・・その後は何人かで飲む。最後には僕、O氏、N氏、K嬢の4人になった。旧代表・事務局長、新代表・事務局長の組み合わせであることに僕は気付いた。

終電でK嬢が帰り、E嬢が来た。オールでカラオケ。歌と共に様々な思い出がよみがえった。「この曲は○○歳の時で当時はこんな女の子と付き合ってて・・・」みたいな話を、酔った僕は次々と明かしてしまった。その頃の歌を聞くと様々な情景が浮かぶ。過去への後悔・悲しみも、今じゃ全てを受け止められるようになって懐かしい思い出に変わってきた。

朝、ラーメン食って帰る。