月曜日、前の彼女と歩いた横浜を感傷にひたりながら歩いていると、浪人時代の友人に遭遇した。僕が一浪目に通っていたZ会東大マスターコースなる予備校で一緒で、我が弟の高校の先輩でもある一歳年下の友人だ。最後に会ったのは、二浪目の秋の河合塾のラウンジでだったと思う。僕が無料セミナーを受けに行った時だ。お互い東大には落ち、彼は早稲田の政経に通っていた。雄弁会に所属しているらしい。一緒にラーメン食った。浪人時代をまた思い出した。辛く、でも自分の目標に純粋であったあの時。

火曜日はバンドの練習だった。実はバンドをやるのは三年ぶり。三年間まともにギターも弾いていなかったので、技術的な衰えは明らかであった。しかも俺のエフェクター壊れてるっぽいし・・・その後バイトへ

水曜日夜ベンチャーとアカデミズムの間を行き来する東大生と飲んだ。大学生ながら自分が起こした会社で三ヶ月200万の売り上げを出したり、某サイトの代表をやって80万稼いだりと、とにかくすごい人だった。出版マネージャーも手がけているらしい。某大手出版社から一冊本をだすことになっていて、紀伊国屋に500部置いてもらったといっていた。10万部売ろうとしているらしい。実は今、新聞に自分の原稿が載ったのに調子に乗って本を書こうと動きだしていたので渡り船でもあり、色々協力してくれると言ってくれた。更に学問に関しても、相当精通していた。将来は社会学者になりたいと。彼は宮台真司のゼミにもぐってるらしく、僕もそのゼミの場所教えてもらった。とにかく今の自分では到底及ぶことのできない人だと思った。僕も頑張らねば。

木曜日はケイタとシューヘイと飯食って、その後シューヘイの友達の某嬢とその友人と中野で飲んだが終電のため一時間程で僕は帰宅。

金曜日はバイトに行っただけ、目が覚めたのが夕方4じごろだったから・・・

時系列型のブログはあまり好きではない。おもしろく書く自信がないからだ。今回のブログは我ながらつまらないと思う。やはり毎日書くことが肝要だ。

話は変わる。実は昨日から前の彼女とメールが続いている。僕が新聞に載ったことでメールが来た。春に別れて以来だ。

メールをするたびに思い出す、声や仕草や表情。考えてみると、僕と彼女は「普通」の恋人として過ごす時間はほとんどなかった。高三の夏に付き会って、その後僕は本格的な受験態勢に入った。そして二浪が終わる直前に別れた。

彼女につらい思いばかりさせていたのに、うつむいて囁いた言葉に期待通りの言葉すら返せなかった。できることはたくさんあったはずなのに、何もしなかった。目の前の受験に頭が一杯で、彼女のことなど何も考えていなかった。そしていつのまにか一番大切なものを失ってしまっていた。

今日朝、目が覚めると「性格丸くなったね」とのメールが返ってきていた。もう戻らない時間を思う。あの頃もうちょっと思いやりみたいなものが僕にあれば、相手への想像力が少しでもあったなら。