昨日は学校は昼から。ゆっくり起床。しかしエッセイのdueが今日の夕方までだったことを思い出し、あわてる。何とか終わらせて学校へ、案の定遅刻。放課後特に用事もなかったので、クラスメイトのT氏と帰宅、新宿で別れ一人で町を散策。紀伊国屋へ。宮台真司と宮崎哲弥の共著が出てたので買う。僕は彼らの感情を入れない論理的な考察が好きだ。4月に起こった人質事件について自己責任論がいかにナンセンスかを語った一節

「元々現地にいるNGOの人々(高遠さんのこと)の命を危険に晒すのが所属国の軍隊派遣だ」というのは国際常識で、それを知りつつ「あえて」軍隊派遣した国民的決定の自己責任こそが問われる。

彼らの意見は平和運動家などにありがちなエモーショナルな意見でないからこそ、説得力があるように感じる。

この日は時間もあったので映画も二本借りた。ハンガリー映画の「アドルフの画集」とイラン映画の「運動靴と赤い金魚」だ。前々から気になってたので、見るのが楽しみ。

そして今日は中央の文化祭に行った。高三の時通ってた予備校(僕はサボってばかりでしたが)の友達が中央の三年なのだ。今回の目的は四つ。

1 友達の彼女を見る 2 他大の雰囲気を知る 3 カワイイ子とお友達になる 4 国際関係系統の人脈作り

感想&結果はというと

1 カワイイ子が多い!!!好みのお姉さま系多し、女の子が華やか(ICUに入ったことを悔やむこと2時間) 

2 国際関係系のサークルとかほとんどない(ICUに入って良かったと思いなおす) 

3 友達の彼女はよく見えなかった。 

4 カワイイ子とはお友達になれず。一緒に行った中央の友達が入ってたサークルの女の子と話す機会はあったのだが、ダメでした。地獄の二浪生活を経て、やはり初対面の女の子とは全く話せなくなってる。特に好みのタイプだと・・・友人に「高校時代の安田はドコに行った!?」とマジで引かれる。相当馬鹿にされた。僕はこのまま老いていくのか・・・

5 偶然某SCNの理事さんと会う。なんとS・S・D嬢が月9ドラマ出演を果たしたことを聞く。(内輪しかわからなくてすみません)皆さん知ってましたか!!??

6 友達がこの前まで入ってた(もう三年なので引退したそう)テニスサークルでは団子を売ってたのだが、そこでは女の子の部員が団子を食べさせてくれるのだ!!一個150円という高額にもかかわらず、盛況みたいだった。かくいう私も・・・こんなことぐらいで喜んでる自分が情けない。

文化祭終了後、中央の隣にある明星大学の文化祭にもちょこっと顔を出し、ロッカーに荷物を置きっぱなしにしてた我が大学へ。偶然友人と会い2時間ほど語らう。

彼は我が大学のsea programなる夏期短期留学でイギリスのエジンバラに行ってたのだが、そこで相当影響を受けて帰ってきたらしい。久々に話すので会話が盛り上がる。彼は外交官か学者を目指しているので、国際関係にも相当精通していておもしろい。この前スペインの外交官と朝五時まで語ってしまったらしい。イギリスでの話などを聞いてとてもおもしろかった。しかーし、一つだけ気になることを聞いてしまった。「性的にルーズだ」という僕に対する噂だ。よくそんな話を聞くらしい。彼の「性的にルーズ」という表現の仕方がおもしろくて、強く否定するのを忘れてた。

それにしても僕は見た目のせいで相当損していると思う。髪黒くしようかな。髭そろうかな。