昨日はICU文化祭の二日目。この日も写真展に付きっ切り。来た人一人一人に募金を呼びかける。しゃべり疲れた。でも合計6万も集まった。本当に皆さんありがとう!!

今日も人がたくさん来た。興味を持ってくれた人にはひとりひとりに現地の情勢、会議の活動などを説明。体育が同じで少しだけ話したことのあるICU生は、もともとこの活動に非常に興味があったと言ってた。この前ふんばば氏に電話もしたらしい。話したことないけど授業で顔を見たことがあるなって思ったICU生に地震支援のビラを渡すと、いきなり「この前ICUのホームページで見ました。感動して家族にも見せました」と言われる。ちょっと横の方に目をやると、まどかさんが爆笑を隠してた・・・もちろんホームページに書いてあることは本当です、プロパガンダは大好きですが(笑)

残念だったことは来るって言ってた友達が何人か来れなくなってしまったことかな。5時には写真展を切り上げ、ふんばば氏とキキ嬢とラーメン食いに東小金井に。

今会議でもめていること、それは山古志村の支援を会議の名前を使って行うかどうかってこと。

困っている人がいてそして自分にできることが少しでもあるなら、やるのが当然なんじゃない?それが夏会議でとってもお世話になった山古志村の人々なら、恩返ししたいって思うのが当然なんじゃない?会議がお世話になったわけだし、会議全体を通した支援ができるならやったほうがいいに決まってるじゃん。「会議の目的と反れるから」とかなんとかって言うけど、できることがあるのにしない方が僕はいやだとおもってしまう。しかもなんか影でグタグタ言ってるのを聞くのも嫌だ。

僕がこの会議を頑張ってこれたのは、もちろん「中東和平」のためにできることが少しでもあるのならやりたいって気持ちもあったけど、このメンバーといると楽しいってのもあるんだ。最近、一部のメンバーの中が険悪。つらい。

ラーメン食った後クラスメイトが集まっていたサイゼリヤへ。皆疲れてた。ICU祭の時クラスでカフェをやってたからだ。クラスの出し物なのに何も手伝えなくてごめんなさい・・・でもクラスメイトといるのも結構楽しかったりする。クラスメイトの何人かと春休みに中東を旅する計画がでてるけど、実現したら楽しいだろうね。

夜はすぐ寝ようと思って寝ながらTVをつけると、これがなかなかおもしろくて寝付けなくなってしまった。「夜回り先生」こと、水谷氏のドキュメンタリーだ。彼は不良少年の更生のために力を尽くしている人物であり、夜繁華街を回って未成年一人一人に声をかける。そして彼は言う、「子供は被害者だ」と。

僕は高校時代の一年間半ぐらい、ドラッグとかには手を出さなかったけど真夜中にコンビにの前でタムロして学校にも三日に一回ぐらいしか行かなかった時期があった。義母との確執とかそういったものの中で家に居場所がなくなってた。生きる意味を失ってた。生まれる場所は選択できなかった。

あんまりこういった番組は普段見ないんだけど、自分の高校時代とリンクして見入ってしまった。