今日は地中海史の授業の後、図書館前でK嬢に色々相談し、その後は二浪会のM氏と飯を食う。彼女が欲しいトークで久々に盛り上がる。二浪会の友人たちは本当に素敵な奴らだ。

最近ちょっと傲慢さが鼻に付くとK嬢から。

僕は自己顕示欲の塊みたいな人間だし自己愛満載な人間に見えると思うんだけど、実は自己顕示欲が強い時ほど、自分に自信がない時なのです。言葉の上だけでも、自分はスゴイと思い込みたいだけなんです。

人に迷惑ばかりかけていて、たぶん将来はその辺の道端で野タレ死んでいるんだろうなぁと思っていた高校時代は自分のことを人間のクズだって本気で思ってた。特に高二まではひどかった。二年半、ほぼ全く遊ばず大学に受かったとき、初めて自分のことが好きになれたわけです。アフガン空爆にショックを受けてから、必死で努力して結果を出せたわけだし、もしかしたら自分は本当に世の中をなんとかできるんんじゃないかと。

でも大学入って、特に学生会議に入ってから、自分がまだダメダメだってことに気付いてしまったわけです。とりあえず、今の自分には何もできないし、将来の展望にしたって何も見えないし、自分が「世界平和」的な目標を将来達成できるのかも全く自信がなかったりします。毎日悶々と悩んでます。自分の目標と実力との差に愕然とする毎日です。結局僕はダメダメです。自分に自信なんか全くないです。でも、大言壮語な発言ばかりして、なんとか自分のアイデンティティーを保とうとしているわけです。いつも迷惑ばかりかけてすみません。しかしK嬢のブログに書かれたことには、色々考えさせられました。ありがとうございます。

今日は暗いブログになってしまった。